HOME

0.仮
これから

これらの準備が終わった後、彼は計画の実行をこれ以上先延ばしにしようとは思いませんでした。

正そうとしている過ち、取り消そうとしている不平、

修復しようとしている不公平、取り除こうとしている虐待、

そして放棄しようとしている義務のことを考え、

自分の遅れによってそれだけ世界の損失も大きいとの思いに駆られたのです。